MENU

仮性包茎手術の選び方について

真性包茎手術の場合は健康保険の適用を受けることができますが、仮性包茎の手術の場合には保険の適用を受けることができません。なぜかというと、普段は皮をかぶっていても、勃起時にはきちんと亀頭が露出されるので、問題なく性交渉を持つことができるからです。また、日常的にも特に不都合があるとは考えられないため、治療が必要な状態という取り扱いがなされないことになっているのです。したがって、仮性包茎の手術費用は結構な金額がかかります。しかし、どの方法を選ぶかによって、仕上がりの満足感に差が出る可能性がありますので、慎重に比較検討してみる必要があります。

 

手術方法の選び方としては、まずどれくらいの費用をかけることができるのかをはっきりさせることが大事になります。医療機関ごとに料金設定にバラつきが生じていますので、予算は明確にしておく必要があります。最近人気が高くなっているのは、亀頭直下で縫合する術式です。料金は高めですが、見た目の違和感が全く生じないので、高い人気を呼んでいます。

日本人男性に多い仮性包茎について

日本人男性に非常に多い仮性包茎について説明します。仮性包茎というのは、平常時は亀頭が包皮で覆われているものの、ペニスが勃起すればきちんと亀頭が露出されるようになっている包茎のことです。簡単に言うと、包皮の量が多すぎるために、普段は皮をかぶった状態になってしまっているのです。ただし、包皮口が狭くなっているわけではありませんので、特に問題なく女性と性交渉を持つことができます。また、妊娠能力についても、一般的には何も問題がないものとされています。

 

しかし、全く何も問題がないというわけではありません。はっきり言って見た目は良くありませんので、大きなコンプレックスになってしまうケースが少なくありません。また、普段亀頭が包皮で守られているために、刺激に対して敏感になりすぎる傾向があります。要するに、少し刺激を加えられただけですぐに射精してしまうようになるのです。その結果、パートナーに不満を感じさせてしまう可能性が高くなります。ですが、仮性包茎は簡単な手術で治療することができます。

包茎手術の費用について

包茎手術の費用はどの位なのか気になる方がいます。結構な金額になるのではないのかと思い、私は、専門のクリニックへ相談しました。実際は数十万程もいかない程の金額で手術を行うことが出来るそうです。専門のクリニックによって値段はマチマチあるようで、高い所もあれば安い所もあるそうです。どこの専門のクリニックもやる事(包茎手術の方法)は同じです。そんな中で一番気になるのは健康保険が使えるのかという点でした。高額になれば健康保険で割引負担をしてほしいもので聞いてみました。

 

しかし包茎手術を専門のクリニックで行なった場合は保険適用は無いようです。全て実費負担になります。ただクレジットカードで決済が出来て分割で支払うことが出来るそうで楽に支払いが出来るみたいです。話によれば、泌尿器科で包茎手術を行った場合は健康保険が適用されます。但し、その性器の状態によって保険が使えない場合があるみたいです。お金の事も考えてしまいますが、やはりお金より治すということが私にとって優先なのかと思いました。

更新履歴